振袖選びには「柄」が重要?

振袖を選ぶ際、たくさん種類があって迷ってしまいますよね。そんな時に参考にするといいのが「柄」なんです!「自分に合った振袖はどれなのか?」から「どんなふうにコーディネートしていくべきか?」まで、すべての疑問の答えがそこにあります。レンタルでもたくさんの色や柄を選ぶことができます。

「身長」と「柄」綺麗に見せるための柄選び

振袖選びに非常に重要な要素であるのが「身長」と「柄」の関係性だということをご存知ですか?振袖、というのは基本的にサイズを合わせるためにある程度「折って」着る為、同じ振袖でも着る人の身長によって全く印象は異なります。
まず身長の「高い」人は、基本的にあまり「折り」を入れずに振袖を切ることが出来るので、柄が途切れにくい傾向にあります。なので、「大柄」(花、蝶問わず大きく華やかな柄)を美しく着こなせます。
そして身長の「低い」人は「折り」の範囲が大きいことが多いので、柄が途切れても問題がない「細やかな柄」が似合う傾向にあります。身長の「高い」人がこれらを着ると、どうしても単調になってしまいがちですが、小柄な方はこの「細やかな柄」のかわいらしさを十二分に惹きだすことができるのです。

「色」と「柄」の合わせ方洋柄・和柄について

昨今、振袖に「洋柄」と言われる洋風に描かれた「花」や「蝶」をモチーフにしたデザインが導入され、人気が上昇しつつありますが、これらの「洋柄」と「和柄」は合う「色」が異なっているので注意が必要です。
まず、「洋柄」は洋風の柄に加え「ラメ」が入っているものが多い傾向にあります。なので、あまり明度・彩度の高い色と「洋柄」の組み合わせにしてしまうと派手すぎてしまう傾向にあります。そのため「洋柄」を選ぶ際には、柄を引き立てるためにやや明度・彩度の低い色を選択するといいでしょう。
逆に「和柄」は、日本的な奥ゆかしさを表すかのように「控えめな」ものが多く見られます。なので、余り明度・彩度の低い色にしてしまうと地味にまとまってしまいがちです。なので、出来るだけ明度・彩度の高い色を選ぶと、若々しく、可愛らしい雰囲気を演出ます。

「柄」と「帯」上手くコーディネートするために

振袖において、意外と忘れられがちなのが「帯」の選び方についてです。基本的には「帯」は振袖そのものと色は寄せ過ぎないほうが、きれいにまとまって見えるとされています。例えば振袖が「原色」「ビビットカラー」であれば、やや淡い色合いのものがよい、というわけです。そしてここでも重要なのが、「柄」について。振袖の柄が細やかな柄であれば、同じように細やかな柄をあしらった帯、大柄であれば、同じようにワンポイント「花」をあしらった帯など、基本的に柄パターンは似せていくとさらに美しくまとめることができます。昨今、凝った帯どめなども登場してきているため、振袖・帯・帯どめで、同じ花をあしらったものを使ってみるというのもいいかもしれませんね。今の時代は帯・帯留め・振袖が全てレンタルもできます。お期入りを見つけてくださいね。