振袖は今の時代どのような役割をしているでしょうか

振袖と聞いて思い浮かぶのは何でしょうか。振袖は、現代人にとっては普段の生活ではめったに使用しない高級品です。成人式の際に華やかなレンタルなどで振袖を着て、幸せな門出をお祝いするというシーンに着る女性が多いでしょう。

振袖というもの

振袖は、結婚する前の女性が着る着物です。結婚をすると、振袖ではなく留袖という形に変わります。袖を止める事で、振袖のようにちゃらちゃらしないといいますか、ふりふりと着物が揺れる事で、男性へ誘惑をするというイメージがありますので、結婚をするという事は、相手が決まっている意味もあり、袖を止めて落ち着くという意味も込められているのでしょう。成人式に参加する女性は、多くの場合が結婚していない人なので、振袖を着て着物のカラーやデザインも華やかにして、髪形や指先、化粧などもこだわって素敵な一日にする人が多いのです。その日ばかりは無礼講とでも言うように、とても盛り上がる国民の休日の一つです。男性も袴を着て和なイメージを演出する人もいます。

当日に向けて

成人式にレンタルした振袖を着る時は、着付けをしてもらう場所をかなり前から予約をして、まだ成人式の気分ではない時に前撮りをして準備していきます。着付けとヘアメイクがセットになっている所も多いのですが、そういう所は、主に着物屋さんと提携しているような着付けがメインの人達になります。そういった人達は、流行などに特別敏感なわけではないので、着物に合う当たり障りのないメイクをしてくれます。しかし、成人になる二十歳の女性達は、まだまだオシャレや流行に敏感な年齢です。着物よりもヘアメイクなどの方がこだわりたいと思うでしょう。そういう人は、着付けと、ヘアメイクは別の所に依頼する人も多いです。中には、メイクとヘアは別の人にお願いするほどのこだわりを持つ人もいます。

着付けの救世主

成人式当日の着付け会場は戦場です。一人の人に時間をかけていられないというのが正直なところでしょう。そのせいかは分かりませんが、着付けが緩んでしまう人もいます。せっかく素敵な振袖を着ているのに緩んで脱げてしまいそうになっては困りますよね。着物の着付けの知識などない人の方が多いでしょうから、そんな時の為に、成人式の時限定で、着付けを直してくれるような人が道にいてくれたりもするのです。その確率は低いかもしれませんが、もしそんな困った人がいたら可哀相だと思う人が中にはいるので、その日だけは、混んでいる場所でもわざわざ出向いてくれて、着付けで困っている人を探していたら何も言わずに直してくれる事もあります。